新社会人へ贈る心の防具。ジョースター家に代々伝わる最後の手段はこれだ!【アシタヲタノシクスルコント】


Illustration by ふじもなおのアトリエ

小説家ブロガーとし(@toshi586014)でーす

長女のゼロ歳児でーつ

もうすぐ四月だね、ゼロ歳児

四月と言えばー?

言えばー?

お花見!

新社会人!

もー、とうたんたら、野暮なんでちゅから。四月と言えばお花見で一杯でつよ

こらこら、ゼロ歳児は飲んだらダメでしょ

あたちはお乳を飲むんでちゅー

そっ、そうか。それならオッケー。というわけで、今回のお題は『新社会人に贈る心の防具。ジョースター家に代々伝わる最後の手段はこれだ!』です。アシタヲタノシクスルコント、はじまりはじまり~

第一幕 ゼロ歳児の憂うつ

とうたん、あたちなんだかゆーつなのでつ

えっ!? ミュウツー? いつからポケモンになったんだい、ゼロ歳児?

ダレが伝説のポケモンでつか! 憂うつなのでつ

ああ、憂うつか。季節の変わり目だしね。それに、四月といえば進学や就職で生活が変わるから、気持ちの変化も激しくなるよね

そうなんでつねー。あたち、うまくやっていけるかちら?

そうやって頑張るのもいいけどね、無理は良くないよ

だってー、花京院くんも聖子ちゃんも上手にできてるんでつよ。あたちも上手にできるようになりたいでつ! それに、あたちひとりだけできないとなんだか居場所がないみたいでつらいでつ。それで憂うつなんでつ

第二幕 それは『逃げる』

できる範囲は人それぞれだからね。他の人ができているからって、自分もできるとは限らないんだし。それにね、大人気漫画『ジョジョの奇妙な冒険』の主人公のひとり空条承太郎のセリフにこんなのがあるよ

(あ、ちなみに空条承太郎のおじいちゃんはジョセフ・ジョースターというアメリカ人でちゅ。つまり空条承太郎はジョースター家の跡取りなんでつよ。ゼロ歳児のジョジョの奇妙な冒険ワンポイントレッスンでちた)

ん? なんだ今のは? まあいいや。空条承太郎はこう言うんだ。「ジョースター家には伝統的な戦いの発想法があってな。それは『逃げる』」

えー、逃げちゃうんでつか?

そうだよ。逃げるというと悪いイメージを持つ人もいるけどね、それはときにとても大切なことなんだ。

そうなんでちゅか……?

とうちゃんは数年前に会社の仕事でひどく悩んでいたんだ。そのために、どんどん心も身体も病んでしまった。そして、とうちゃんは逃げるという選択肢を知らなかった(もしくは意識的に排除していた)ために、自分を追い詰めてしまったんだよ。それで長らく病気で苦しむことになったんだ。もし、もっと早くに逃げていれば、ここまで長引くことはなかったと思うんだよ

とうたん、見た目のわりに苦労してるでちゅね

見た目のわりにってどういうこと!? 確かに能天気な顔をしているけども!

冗談でちゅよ。とうたんの顔と同じく冗談でちゅよ(ボソッ)

今ボソッと何か言ったよね! さりげなくひどいこと言ったよね!

まあまあ、とうたん。細かいことは気にしないでちゅよ。話を続けてくだちゃいな

おっと、そうだね。こういう話をこれから頑張ろうって張り切ってる新社会人にするのは心苦しいんだけどね。できれば最後まで読んでほしいんだ

今はこの記事を読んで「逃げたやつの戯言だろ。そんなのおれには関係ねー。おれはそんなマヌケはしないぜ」って思ってくれてもいいんだ。ただね、そういうやり方が世の中にはあるんだ、ということを頭の片隅に置いてくれれば

そしていつの日か__そんな日が来ないことを願うんだけど__いつの日か追い込まれてしまったときに、この記事のことを思い出してほしいんだ。それで、逃げるという選択肢があることを思い出してほしいんだ。そして、それがその人の人生に新しい選択肢を生み出してくれることを祈ってるよ

わかったでちゅ! あたちも嫌なことがあったら無理せず逃げるでちゅ

そうだね。ゼロ歳児もくれぐれも無理はしないでね。じゃあ、抱っこするからこっちへおいで

とうたん、あたち、とうたんの抱っこはイヤでちゅ! だから逃げるでちゅ。バイバーイ(とてちてとてちて)

ああっ、ゼロ歳児! そんな高速Bダッシュハイハイでとうちゃんから逃げるのはやめてっ!

それではみなさん、この記事があなたのアシタヲタノシクするきっかけになりますように

なりまちゅように

終幕 ごあいさつ

最後まで読んでくださってありがとうございます。心浮き立つこの時期に、こんな暗いお話でごめんなさい

ごめんなさいでつ

負け犬の遠吠えに聞こえるかもしれませんが、わたしは結果的にはこれで良かったと思っています

なんででつか?

それはね、会社を辞めて、新しい世界に踏み出して、とうちゃんはいかに狭い世界で生きていたかに気がついたからだよ。世の中にはいろんな働き方がある。そしていろんな生き方がある。そんな当たり前のことにようやく気がついたのさ

いろんな生き方があると知っていると選択肢が増える。選択肢が増えると、ある道がダメでも別の道に進める。つまり、追い詰められることなく、戦略的に逃げることができるんだ

うんうん、そうでつよね。お乳が飲めなくても、ミルクや離乳食があれば大丈夫でつからね。はっ、とうたん、あたちお腹すいたでちゅ。早く離乳食作ってー

おっと、もうそんな時間か! そうそう、最後にもうひとつ。心の防具については、ぱうぜさんのtogetterもぜひご覧ください。それではみなさん、さようなら。

さよならでつ~

Written with MyEditor.

Posted from するぷろ for iPhone.

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
とし

妻と三歳のやんちゃ坊主とゼロ歳の娘と四人暮らしをしています。小説家を目指して日々創作に勤しみながら、育児やタスク管理に取り組む日々です。
ブログ『
はれときどきくもりZ』と『
育児メン74』を主宰。晴れた日も曇った日も人生を充実させることができるような【ちょっとした楽しさ】を取り上げています。また、グループブログ『ファミリーマネジメントジャーナル(fmj)』で家族にまつわるライフハックを紹介しています。