ハワイからアシタノ3ーfacebookで明日を楽しく!ー

本当はコワくないFacebook

アロハニアンです。
去年の6月末に、「本当はコワくないFacebookー単身で海外移住したフラダンサーが教える!「リアル&ソーシャル」での身の守り方ー」を出版いたしました。現在、koboさんでキャンペーン中です!

ハワイでは、みんなfacebook好きです。そのおかげで、私のハワイ暮らしはfacebookによってかなり助けられています。こちらでは、Aloha, FB friends!などと呼びかけていて、なんだかFB Friendsっていいなあと思っています。
ハワイで暮らす中で改めて自分が書いた事に納得しましたし、またfacebookの新たな効能についても発見しました。

ハワイでfacebookが多いに役立っていて、改めてじわっとすごいなと思ったポイントは二つあります。

1.自分が何者かということをそんなにアピールしなくても伝えられる
2.交流が途絶えない

へ?そんなことがなんですごいの?とお思いでしょうか?
いやいや、とても地味な効能に思えますが、長期的にはかなり大きな効果を発揮します。実際、ハワイの人に”書かせてほしい”と言ったとき、私がライターであることを知ってる彼らとは話が早いのです。
これらの効能については是非本でチェックしてくださいね!

ハワイに来て、発見した新たなfacebook効果

”facebookはかなりスピリチュアルなもの”ということです。

facebookを通してお互いの”気”が交換されているということがハワイに来てから実感するようになりました。
とあるとき、私のロミの先生から電話がかかってきて、”ああいう投稿はやめなさい”と怒られました。
私は、本にも書いてあるとおり、素の自分を載っけていますので、なるべく思いのまま投稿しています。その投稿は、私の”怒り”の投稿でした。納得いかなかったことを”怒り”を持ってそのまま書きました。怒っていた私は、先生にかみつき、”あなたの事を書いた訳じゃない。誰のことかも誰もわからないからいいじゃない?”と言ったら、
”NO!ネガティブな想いをばらまいてはいけない。facebookを通してどれだけの人が見ていると思うの?怒りも喜びも伝染するんだよ。だから、良い言葉を投稿しなさい。”と。。

私は、しばらく納得いきませんでした。
なぜなら、きれいごとばっかりのfacebookは嘘くさくて嫌だったかったからです。その人の人生がもっとにじみ出ていていいし、つらいことだっていっぱい生きていればあるわけで、怒ったら怒りを載せて何が悪い?と思っていました。そういうヤツは嫌だ。私はこう思う!という私の主張でもあるので。。

それからしばらくして、やはり、facebookの投稿って、心理的に威力があるなあと感じました。
ネガティブなことばっかり載せている人は私は見た事がありませんが、ごくたまに、怒り爆発の投稿とか見ると、やっぱり少なからずそれに影響されてしまっています。どうしたんだろう?と思うし、心配するし、怒りそのものがfacebookを通して伝わってきてしまうのです。

なるほど。。気は伝わっている。
なら、そんな”怒りの気”は送りたくないなあ。。と思ったのです。

でもね、みんながみんな”Life is beautiful”とか”今日の何気ない日に感謝!”的な投稿ばっかりだったらfacebook見ないですよね〜。そんなのつまんない!
それそれの人間模様や人生が伝えられてくるからおもしろいわけで。。興味も持つわけで。。
怒りや悲しみとかfacebook上にあっていいと私は思います。
なぜなら、”facebookでの浄化”というものを実感するからです。

続きは私のブログでね!!
ハワイとフラと、アロハニアン

また、私のfacebook本はこちらでキャンペーン中ですので、是非読んでみてください!!
kobo – 電子書籍 – 本当はコワくないFacebook

alohanian
アロハニアンです。 踊るように歌うように生きていきたいと思っています。 ボロボロでガッチガチの会社員だった私が、突然ハワイで住むことになり、 その中で見えてきたハワイの様子をお届けします。ハウツーものではありません。 でも、みなさんの動かしたいけど動かない部分を刺激し、行動へと促すものとしたいと思っています。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で