「早寝早起きを続けるためのメンタルコントロール」

アシタノレシピの読者のみなさま初めまして。チャイフ(@chaif123)と申します。

どんなテーマがいいかなと今でも考え中で、睡眠、健康、習慣化なんかで考えています。手始めに、僕が最も試行錯誤を繰り返している「早寝早起き」についての記事にしようと思います。

それでは!

「早寝早起き」はシンプルゆえに難しい

早寝早起きという習慣は、誰しもが挑戦したことはある習慣の1つではないでしょうか。通学や通勤など必要に迫られて始めるケースも多いと思います。

この習慣、非常にシンプルなのに、続けられている人は少ないという印象ですね。

なぜ「早寝早起き」をすべきなのか

そもそも早寝早起きをする必要はないのでは?という意見があると思いますが、2つの大きな効用をご紹介しましょう。

時短になる

「睡眠のゴールデンタイム」を逃さないようにすれば、24時間を効率的に使うことができるのです。

一般的に、22:00〜3:00が「睡眠のゴールデンタイム」と呼ばれ、高い睡眠効率・成長ホルモンの分泌など様々な観点から推奨されています。

僕は長年「自分は10時間寝ないと足りない人間」だと思い込んできましたが、それは2:00〜12:00のような、非常に効率の悪い睡眠を取っていたことが原因でした。

しかし、今は22:00〜5:00にシフトし、毎日しっかり疲れを回復できています。これによって単純に、3時間も多く活動することができていますね。

自己肯定感が高まる

「早寝早起き」を利用すれば、比較的ラクに自己肯定感を高めることができます

自己肯定感が高いことは人生を豊かにする上で非常に重要です。なんといってもタダですから。誰に迷惑をかけるわけでもありません。どうせなら、自己肯定感は高いほうがいいでしょう。

「早寝早起き」には、以下のような特徴があります。

  • 早朝の時間を活用できる
  • 成功している人が少ない、難しい
  • 成功・失敗がわかりやすい

大半の人が活動していない時間帯に活動しているという感覚は、なんとも言えず気持ちがいいです。また、成功が難しいチャレンジですので、一度でも「成功した」という事実は感動的で、とても自己肯定感を高めることができるのです。

早寝早起きを続けるためのメンタルコントロール

さて、本題ですね。

僕が重要だと思っているメンタルコントロール法をいくつかご紹介しましょう。

早起きは「失敗するもの」と認めること

早起きは基本的に失敗します。まずはこれを認めることが実は重要になります。

チャレンジしたこと自体がエライので、どんどん自分を肯定しましょう。

僕も今でもバリバリ失敗してヘコみそうになりますが、できるだけ気にせず「明日はがんばる」とだけ思うように努めています。

睡眠時間を固定すること

メンタルじゃないですが、ここが以下の考え方の基礎になります。

オススメは7時間です。目覚まし時計は、起きたい時間ではなく、就寝の7時間後にセットします。

これは、リズムを作るために効果的という意味もありますが、それよりも重要なのは、遅く寝る甘えを許さないためです。

例えば次の日に7:00に起きたかったとします。7時間寝るためには24:00までには寝なければなりません。しかし、夜更かしして1:00にベッドに入ったとします。

ここで、「7:00に起きたいがために目覚まし時計を6時間でかけることは、夜更かしをした自分をごまかそうとする恥ずべき行為」だと思い知ることです。(なぜか突然厳しくなる)

1:00にベッドインしたなら、素直に時計の針を1時間遅らせて、8時に起きましょう。笑

早寝遅起きは失敗ではない

「早く寝たのにガッツリ寝坊したんだが?」という人もいるかもしれません。

それは失敗ではありません。(予定があった場合は別ですが…)

「早く寝た」という時点で半分成功しているので、あとは早く起きるための方法を考えるだけなので、あと一歩です。

「いっぱい疲れとれたな」くらいに思って、あまり気にしないようにしましょう。

朝起きた時に、今日の寝る時間を決める

特に、予定していた時間に起きられなかったときに、効果的です。

やりがちなミスとして、「起きられなかったことを後悔して反省するだけ」で終わってしまう、ということが挙げられます。これも非常に大切なことですが、どうしてもマイナス感情になってしまいがちです。

そこでオススメなのが、この朝の時点で、今日の寝る時間を決めることです。そうすれば、そこから逆算して、1日をどう過ごすかを考えるようになり、1日をより有意義に過ごすことにもつながります。

早寝が重要

いかがだったでしょうか。

薄々お気づきかと思いますが、そうです。早く寝ることが重要なのです。

ファーストステップは「いつもより1時間早く寝てみること」ですかねー!

あなたの睡眠ライフの一助になれば幸いです。

それでは。

チャイフ

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で