簡単なところから「見える化」を仕組みにしよう!

連続で、読書関連のネタが続いております。

スキマ時間で充実読書ライフ
 実測値をもとに、スキマ時間でどれくらい本が読めるの?という話
「ついつい」のワナを回避せよ!
 読書は電車内だけ、というルーティン化について書きました

で、実は今回も読書ネタなのですが

2013年、何冊の本を読みましたか?

私は、31冊の本を読みました。
これは、観測史上最多冊数なのですが
観測開始は2012年の冬

つまり、初めて自分の年間読書冊数を把握しました。
しかし、多分、過去一番読書冊数が多かったのは
社会人になりたてのころに三国志(北方謙三)を読了した年だと思う

読書の見える化

さて、この読書モチベーション(?)を支えた
強力なツールが「読書メーター」でした。

読書メーター – あなたの読書量をグラフで管理
これ

本を登録していくと、読書冊数、読書ページ数のグラフが
ニョキニョキと伸びていくのがとても快感
また読もう!という気持ちをあと押ししてくれました。

また、一年間使って見たら、年間の読書を振り返る
「読書メーターまとめ」という機能もあって

しのジャッキーの雑記~ブログ: 2013読書振り返りで読書メーターがすっかりお気に入り
ご参考

一年間の読書の記録が、1ページで見渡せて
楽しく、読書を見える化していたことができて惚れ直したのです。

読書の振り返り

上記のリンク先をいていただくと分かるのですが
ほぼすべてがビジネス書とか自己啓発と言われるたぐいの本で
文化、歴史、芸術なんかに関する本も今年は取り入れて
自分の多様性を広げていこうかな。と思っています。

このように簡単に楽しく読書記録をつけることで
継続・振り返りができておすすめです。

類似サービスで、ブクログは本棚表示がとてもきれいで
こちらは、一般公開されない自分用メモをつける機能があります。

ブクログ – web本棚サービス
秘密コメント機能がある

読書以外でも

読書以外でも色々専門ツールがいろいろあって

映画とゲームの見える化

読書メーターは、映画版の「鑑賞メーター」というのもあります。
鑑賞メーター – あなたの鑑賞量をグラフで管理
これ

しのジャッキーの雑記~ブログ: 読書の見える化の次は映画鑑賞を見える化だ!〜上映中の映画も登録できるぞ〜
ご参考

実は、ゲーム、というのもあるようです。

ゲームメーター – あなたのゲームを管理・共有
これ

健康管理・ランニング

最近、体重管理をWithingsというので管理し始めました。
Withings – Smart products and apps – Homepage
これ

しのジャッキーの雑記~ブログ: 体重管理をWaightManからWithingsへの移行した!(手順付き)
ご参考

ランニングはRunkeeperというのを使っています。

Runkeeper

私はここまで活用できませんが、複数のサービスを
独自に統合して利用されている方も

Fitbit+Runkeeperで健康系ライフログを集約する(1) – 健康ライフログの種類と集約の全体像 | Hacks for Creative Life!
複合的に活用する強者も!

最後に

自分の興味があること、チャレンジがしたいこと
にあっているものがあったら、今年の目標達成をバックアップする
ツールとして使ってみることを検討してみてはいかがですか?

Facebookやtwitterなどを利用しているかたは、
連携しているものがほとんどなので、活動を投稿することで
仲間作りや、やる気の維持に役立つかもしれませんね。

さらに押し進めたい!と思った方は
24時間の時間利用を把握して管理していく!
というステップアップもあるようです。
入門編として、ぱうぜさんの以下の記事は
とても面白かったのでおすすめします
それではっ!

「何時間勉強すればいい?」が”間違っている”ワケとは
さらに押し進めたい方は

しのジャッキー(@shinojackie)でした。

ブログ http://shinojackie.blogspot.jp/

しのジャッキー
IT企業で働く、2児の父。キャリア上の悩みを解決すべく、学びや実践をアウトプットする異業種交流会ゆるたまの会を運営しています。趣味はギターとビジネス書を読むこと。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で