Author Archive

[私の仕事道具と仕事術]KindleとWorkFlowyによる、価値をつくるための読書術

2017年01月10日 1 Comment by

こんにちは。「単純作業に心を込めて」の彩郎です。 2017年1月の月イチテーマは、「私の仕事道具と仕事術」です。今回は、これに乗っかって、読書について書いてみます。 1.読書のための仕事道具 道具は2つ。KindleとW […]

BLOG Read more

あるひとりの普通の個人が、ブログのある毎日を送り続けた、2016年

2016年12月30日 No Comments by

こんにちは。こんにちは。「単純作業に心を込めて」の彩郎です。 2016年も残りわずかとなりましたが、いかがお過ごしでしょうか。 今年最後のアシタノレシピへの投稿なので、この連載のテーマ「普通の個人が、ブログのある毎日を送 […]

BLOG Read more

具体的な対象を持つことの意味3+1(普通の個人が、ブログのある毎日を送り続ける、ということ)

2016年11月01日 No Comments by

こんにちは。ブログ「単純作業に心を込めて」の彩郎です。 連載「普通の個人が、ブログのある毎日を送り続ける、ということ」を続けます。 普通の個人が、ブログのある毎日を送り続ける、ということ(連載を始めるにあたって) 前回は […]

BLOG Read more

ブログ「単純作業に心を込めて」にとって、WorkFlowyは、どんな存在なのか?(普通の個人が、ブログのある毎日を送り続ける、ということ)

2016年09月20日 No Comments by

こんにちは。「単純作業に心を込めて」の彩郎です。 前回は、彩郎という分人がウェブ上に育ってきた経緯を紹介しました。 「彩郎」は、どう育ってきたのか? ウェブ上の「分人」を生きる 彩郎という分人を語る上で欠かせないのは、W […]

BLOG Read more

ウェブ上の「分人」を生きる(普通の個人が、ブログのある毎日を送り続ける、ということ)

2016年09月06日 1 Comment by

こんにちは。「単純作業に心を込めて」の彩郎です。 前回は、「彩郎」という人格がウェブ上に誕生し、育ってきた経緯を紹介しました。この連載のテーマは、「普通の個人が、ブログのある毎日を送り続ける、ということ」なのですが、私に […]

BLOG Read more

「彩郎」は、どう育ってきたのか?(普通の個人が、ブログのある毎日を送り続ける、ということ)

8月 23, 2016 5 Comments

こんにちは。「単純作業に心を込めて」の彩郎です。 と、こんなふうに自己紹介するのは、アシタノレシピのこの連載だけで、10回を超えます。ウェブ上のテキストによる自己紹介だけでなく、実際に目の前にいる人に対し「こんにちは。い […]

Read more

夏休みの宿題を通じて、「計画の立て方と遂行のコツ」を、子どもに体感してもらう。

8月 09, 2016 No Comments

はじめに こんにちは。彩郎です。 今回は、アシタノレシピ月イチテーマ企画に乗っかってみます。今月の月イチテーマは、「8月と言えば夏休み、夏休みと言えば宿題」ということで、「計画の立て方と遂行のコツ」です。そのままずばり、 […]

Read more

日常の中に構築する「自分をクリエイティブにする仕組み」(普通の個人が、ブログのある毎日を送り続ける、ということ)

7月 26, 2016 1 Comment

こんにちは。「単純作業に心を込めて」の彩郎です。連載「普通の個人が、ブログのある毎日を送り続ける、ということ」を続けます。 第1回連載を始めるにあたって 第2回モデルケースとして描いていきたい個人の歩み 第3回平和な閉塞 […]

Read more

ブログで、自由なアウトライン・プロセッシングのための環境を整える/『アウトライナー実践入門』とWorkFlowyの使い道(普通の個人が、ブログのある毎日を送り続ける、ということ[番外編])

7月 12, 2016 2 Comments

こんにちは。「単純作業に心を込めて」の彩郎です。この連載では、「普通の個人が、ブログのある毎日を送り続ける、ということ」をテーマに、つらつらと考えています。 第1回連載を始めるにあたって 第2回モデルケースとして描いてい […]

Read more

言いたいことは、終わらない。(普通の個人が、ブログのある毎日を送り続ける、ということ)

6月 28, 2016 2 Comments

こんにちは。「単純作業に心を込めて」の彩郎です。連載「普通の個人が、ブログのある毎日を送り続ける、ということ」を続けます。 第1回連載を始めるにあたって 第2回モデルケースとして描いていきたい個人の歩み 第3回平和な閉塞 […]

Read more