ハワイからアシタノーとあるヒーラーのお話ー

kawaiahao
先日、とあるヒーラーの方にインタビューさせていただきました。
彼は、マウイに住む日系人のヒーラーです。
親しみを込めてアンクルと呼ぶ事にしましょう。

私のまわりにはヒーラーの方々がたくさんいます。
アンクルは、私のロミロミの先生(彼もヒーラー)のメンターであり、
私の先生をよりスピリチュアルな世界へ導いた人です。

ヒーラーって何?

ヒーラーというのは、”人を癒す人”と直訳できます。
しかし、アンクルをインタビューする中でわかったことは、
ヒーラーというのは、うまく行っていない部分をスピリットレベルで
調整をしてくれ、立ち直るためのエナジーを整えてくれる人だと言う事です。

癒すのは自分自身

アンクルは言っていました。
”僕はクライアントのスピリットと話をして調和をはかる。
そして、クライアントに立ち直るためのアドバイスをする。
でも、その後、どういう行動をしていくかを選ぶのはクライアント自身なので、
僕のところに来たからすべて問題が解決するというものじゃないんだ。
最後は自分自身の力で立ち上がっていかないといけないんだよ。”
と。。

アンクルをインタビューする中で、アンクルは私のスピリットと対話してくれていました。
そして、とてもステキなお話をしてくれました。私の前世にまつわる話です。

自分の前世がわかったとしても、やはりこれからどう生きて行くかは自分次第です。

道に迷う時、もう万策尽きたとすべてを投げ出しそうなとき、
信頼のおけるヒーラーに会うことは、新しい第一歩を踏み出す大きなサポートとなるのかもしれません。

でも、ヒーラーであるアンクルが言うように
やはり最後に自分を救うのは自分なのです。

alohanian
アロハニアンです。 踊るように歌うように生きていきたいと思っています。 ボロボロでガッチガチの会社員だった私が、突然ハワイで住むことになり、 その中で見えてきたハワイの様子をお届けします。ハウツーものではありません。 でも、みなさんの動かしたいけど動かない部分を刺激し、行動へと促すものとしたいと思っています。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で