作業への集中を妨げる頭の中にある「もやもや」を外に出す


こんにちは、「ふりにち」のぞえ(@kz_sue)です。

今回は仕事が手につかなくなったときの私の対処法についてご紹介しました。

色々な作業を同時に振られ、頭の中が混乱すること、よくあります。そしてイライラします。(短気ですね)そしてそのまま仕事を進めようとしても、イライラやそわそわで仕事が全く手につかない上に、そのとき着手している作業から脱線しやすくもなります。

そのときに用いるのが「頭の中のもやもやを外に出す」こと。

「外に出す」方法は何でもいいと思います。workflowyなどのアウトライナーでもいいし、メモ帳や手帳でも、自分に合ったツールを選択してください。(私は手書きが好きなので手帳に書き出すことが多いです)

「付箋」を活用する方法は以前ぱすもさんがご紹介されていましたね。

あなたのイライラする気持ち『付箋』で解決してみませんか?

書き出すことで「短気な自分」との対話を行い、何にイライラしているのか、それは本当に何とかならないのか、明日以降に送ることができる作業はあるのか(=オープンリストに移動できるか)、を落ち着いて整理することができます。

タスクシュートを使うことで一旦自分の作業に向き合うため、気が散ることはかなり減りましたが、思わぬ事態にそわそわイライラしてしまうことはゼロではありません。限られた時間で作業を進めるために落ち着いた気分を上手く活用したいです。

たすくまの使い方やタスクシュート式のタスク管理術、日本100名城をメインにブログ「ふりにち」を運営しています。 "まんがを描いて生きていく"をテーマとしたコミュニティ「あたらしいマンガ道」や広島でのブロガーの集い「広島ぶろがー会」主催メンバーの1人を務めています。 BLOG:ふりにち Twitter:@kz_sue

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で