ハワイからアシタノ!ー英会話上達のコツー

英語を話せるようになりたいですか?

ハワイに来て気付いたことですが、
わたしが泥臭くがんばってきた英語力が
思いのほか、めちゃめちゃ役にたっているということです。

帰国子女の方のような素晴らしい英語は話せませんが、
ロコの人と普通に十分に語り合えるので、
これをしたい、この人と会いたいと思うとき、話の展開がほんとうに早いですし、
普通に会話ができるから、よりディープに関われます。
ハワイの方々に英語でインタビューもしています。

私は日本の田舎育ちです。
親戚の誰ひとりとして、外国と関係していません。
インターナショナルスクールにも行っていません。

そんな全く英語のかけらもない環境で育った私が、
とりあえず苦労なく外国で暮らせているのは、
英語をかなり勉強してきたことと、
英語の環境に身を置こうとしてきたことと、
あと一つ、外国で暮らす中で、
大きな大きなポイントに気付いた事が大きかったのです。

日本語でしゃべるときのあなたはどんなタイプ?

それは、コロラドに留学していた時でした。
私よりも遥かに英語ができない友達の方がが、
ポンポンお友達を増やしていたことにショックを受けたのです。
とにかく彼女は意味が通じなくても話すし、積極的に話しかけるのです。
一方、一緒にいる私は、話してる意味がわかるし、話すこともできるけれど、
自分から会話を展開する事ができず、彼女の通訳のような立場になることがしばしばでした。
彼女がいなっくなったら、しーんとしてしまうわけです。
とてもつらかった。

そこで悩んだのです。
彼女は全然英語をわかってなにのになぜ?と。。

答えは簡単でした。
私は日本語でもそんなに最初っから初対面の人とぺらぺらしゃべらないタイプなのです。
あまり話さない会話も途切れがちな人と、意味はわからないけど積極的に話しかけてくる人と、
どちらの人と話していたいですか?

もしあなたも私と同じように、帰国子女でもない
普通の一般的な日本人だったとしたら、
いろんな単語を知ってるから、いろんな表現を覚えたからといって、
じゃあ、突然、いろんな人が入り交じる中、ぺらぺら英語でしゃべり始められると思ったらきっとそれは違うでしょう。

まず知るのは、自分のコミュニケーションタイプです。
普段から、話すのが大好きで、積極的に話すタイプなのか。
あんまり話さないのか、初対面では緊張して話せないが、仲良くなればいっぱい話せるタイプなのか。
少人数では良いが大人数では話せないのか。。など。

英会話に挫折してしまう理由の大きな一つは、
単語を覚えれば、表現を覚えれば、リスニングができるようになれば、
日本語で話してる自分以上にぺらぺらしゃべれる自分を妄想しているからではないかと私は思っています。

キャラ替えが必要

ですので、シャイなあなたが英語をしゃべりたいなら、
思い切ったキャラの切り替えが必要です。
違う自分になるくらいの。

私なんかは、ある程度英語をしゃべれても、大人数のパーティとかなるべく避けたいのです。あまり良く知らないネイティブの人が5人以上集まると、会話について行けなくなったり、内輪ネタになったりして、そのうち、曖昧な笑みを浮かべてうなづいてるだけの自分になるのがわかっているからです。そこは変わらないですね。。もう、その会が終わって一人になった時の爽快感と言ったら!!!
でも、逆にビジネスの場や、あるトピックについて語り合うなんて場は、かなり得意です。
いつまでも語っていられます。

英語を話すということは、何かしら外国の方とたずさわるわけで、
多くの場合、かなり積極的にお話をしなければいけない状況下に置かれます。
特に初対面の人は緊張しますし、会話が途切れるのがつらいので、
以前は、鉄板ネタ的なものを準備していました。

多くの場合、アメリカ本土の人もハワイの人も
かなりおしゃべり好きです。
話さなければいけなくなります。
私はいつも覚悟のようなものをして、人と会う場に出かけます。
多分、この覚悟のようなものというのは、キャラ替えをした瞬間なのだと思います。

ですので、英会話をすごく勉強する前に、
自分のコミュニケーションスタイルを知っておけば、
実際、外国の方と話する場面でうまく話せなくて、
”あんなにスクールに通ってがんばったのに話せない”
なんて、話せない自分をそんなに卑下しなくてよくりますし、
話せない前提で準備すればいいだけなのです。

あとは、場数です!!

alohanian
アロハニアンです。 踊るように歌うように生きていきたいと思っています。 ボロボロでガッチガチの会社員だった私が、突然ハワイで住むことになり、 その中で見えてきたハワイの様子をお届けします。ハウツーものではありません。 でも、みなさんの動かしたいけど動かない部分を刺激し、行動へと促すものとしたいと思っています。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で