24時間の行動を分単位で計画する事は可能か?

我想抓住時間...
我想抓住時間… / *嘟嘟嘟*

私の愛しいアップルパイへ

最近ふと気になったのですが、なんというか、いつも私があなたに一方的に話をしている様な気がするのです。

いつも私の話を聞いているばかりじゃ退屈でしょう。さぁ、どうかたまにはあなたの話を私にお聞かせ下さい。

(話を聞く)

なるほど、よく分かりました。それでは次は私が話す番ですね。

これからお話させて頂きたいのは、1日の計画のたて方についてです。「今日何をして過ごそうか?」という疑問は誰もが持つ悩みでしょう。特にあなたの様な“夢見るリアリスト”なら尚更です。

そこで、私が1日の計画をどの様にたてているのか、そこに至った経緯から核となる考え方まで、2回に渡って紹介していきます。

計画を緻密にする4つの変遷

これは自慢ですが、私は普通の方よりずっと少ない時間で、実に緻密で綿密で精密な1日の行動計画をたてています。

予定と実績

予定と実績

もちろん初めからそうだった訳ではありません。むしろこの様な状態になれたのはつい最近の事です。きっかけは、「今日何をして過ごそうか?」という疑問に対するちょっとした”視点の転換”を学んだからでした。

まずは全体の大きな流れを見て頂きましょう。私は今まで大きく4つのSTEPを踏んできました。それぞれのSTEPの概要は以前の連載の中で説明していますので、以下の記事をご参照下さい。

タスク管理を高度化する4つのSTEP

これから、私がいかにして”ドーナツの穴”から抜け出したのか。私がいかにして「今日何をして過ごそうか?」という疑問を解決したのか。そして、私がいかにして”夢見るリアリスト”であり続けられるのか、順を追って説明していきます。

発端となった問題

全ての発端となったのは、願望と行動のギャップでした。将来に対する漠然とした不安に足をとられ、霧か霞に包まれた様な感覚の中、足取りは徐々に重くなっていきました。そしていつしか足の動きは完全に停止します。

燃える様な願望とそれに連動しない行動。これにどれほど悩まされた事でしょうか。いや、生まれてからずっと悩み続けて来た様な気もします。きっとあなたも同じ悩みを抱えているでしょう?

その後、この悩みはついにアレを生みだします。そうです、エネルギーです。自分自身に対する圧倒的な”怒り”のエネルギーです。

この圧倒的な”怒り”のエネルギーの矛先は、当然自分自身の行動に向けられました。そして自然の流れとして、徹底的な行動管理の必要性に行き当ります。

それは一般的には”タスク管理”と呼ばれる分野と近いです。実際、私も”タスク管理”と表現する事がよくあります。しかし、私自身は”タスク管理”という用語には少し違和感を感じています。

なぜなら、私が管理したいのは一般的な意味での”タスク”だけでは無いからです。私が管理したいのは私自身の行動の全てです。あの燃えるような願望に沿って全ての行動をコントロールできる手法を心から欲したのです。“1日24時間全ての行動を”です。

「そんな事は馬鹿げてる、かたっ苦しい!」とお思いでしょうか?確かにこれは極端な例かも知れません。しかしベクトルは誰しもが持つ疑問と同じです。「今日何をして過ごそうか?」という疑問です。

最初に取り組んだこと

私が最初に取り組んだのはデヴィッド・アレン氏の提唱するGTDという手法でした。GTDは大変興味深い考えでしたし、今でもベースにはGTDの考え方が深く根付いています。

GTDによって、頭の中を全て書き出し、その中から行動をリスト化し、定期的にリストをメンテナンスする習慣を身につけました。これが上記に紹介した4つのSTEPの2つ目にあたります。

しかし、GTDだけではまだまだ不十分でした。私が知りたいのは、今どんなタスクがあるかでは無く「今日何をして過ごそうか?」なのですから。

あの燃える様な願望を前にしても決して怖気づく事の無い、綿密で緻密で精密な1日の計画です。私が心から欲したのは”働きながら夢を見る方法”だったのかも知れません。

段階的計画の頓挫

それから3つ目のSTEPに入ります。次に取り組んだのは、起きたらすぐに1日の行動計画を立てる事にする事でした。

理論は単純です。GTDを身に付けた私には純度の高いタスクリストがあります。ここにやらねばならぬ全ての行動が示されているのですから、この中からやるべき事を選出し、時間を割り当てていけば良いのです。

さらにGTDによって確立された週次レビューという習慣もあります。ですから、毎週土曜日に翌週取り組むべき行動を選出し、期限を決めます。さらに毎日朝、その中から当日取り組む行動だけを選出し、具体的な時間を割り当てていくのです。

その行動に取り組むべき時が近づくにつれ、”週 ⇒ 日 ⇒ 時”と段階的に計画をつめて行く事から、段階的計画と名づけました。

段階的計画法

段階的計画法

最初は順調に見えましたが、しかし結局この方法は途中で頓挫します。1日は長い、あまりに長いのです。無数にあるタスクの中から今日やる事を選択し、1日を計画するなど、人間の想像力では到底無理です。

様々な種類や特性を持ったタスクの1つ1つについて思いをめぐらし、1日の時間軸に落としていくには時間がかかり過ぎます。

もしこの方法で問題解決を図ろうとするならば、1日を複数の時間帯で分割し、複数のタイミングで計画をたてる事になるでしょう。

一日複数に分割

一日複数に分割

あなたの言いたい事はよくわかります。この方法はどうも気が乗らないでしょう。そうです、これでは計画にかける時間がさらに肥大化します。そしてもっと深刻なのは思考の質の低下です。

1日が進むにつれ、思考の質は確実に低下します。この方法では1日の終わりに近づけば近づくほど、計画の質が下がるか、もっと酷いときには計画すること自体を諦めてしまうでしょう。

そして私は途方に暮れます。24時間の全ての行動を計画する事など不可能なのか?と。

貴下の従順なる下僕 松崎より

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
jMatsuzaki

システム系の専門学校を卒業後、システム屋として6年半の会社員生活を経て独立。ブログを通して、小学生のころからの夢であった音楽家へ至るまでの全プロセスを公開することで、のっぴきならない現実を乗り越えて、諦めきれない夢に向かう生き方を伝えている。2015年からは「jMatsuzaki」名義でのバンド活動を開始。

もっと詳しく知りたい? ⇒ 「jMatsuzakiとは誰か?」