20%に人生を賭けろ!サラリーマンこそ80対20の法則を実践すべきだ!!

1

photo credit: MiiiSH via photopin cc

私の愛しいアップルパイへ

例えあなたが私と同じ”夢見るリアリスト”であろうとも、臭い古雑巾のようになるまで我武者羅に頑張る必要はありません。

泥んこ泥の石っころのようになる必要はないのです。ドブガエルのようになる必要はないのです。

私は今日、頑張りの”ものさし”をプレゼントしに来ました。

80対20の法則

80対20の法則というものをご存知でしょうか。

上位20%の価値ある業務が、仕事全体の80%以上の価値を生み出しているという法則です。

2

ここから学べる教訓は、最も価値ある業務を発見しそこに集中できれば、同じ時間で成果を劇的に向上できるというものです。

私がこの法則を初めて自分の生活に関係あるものと認識したのは、以下の書籍で紹介されていたのを読んでからでした。

重要なことに焦点を絞って一点突破すれば、半分の時間で成果を倍増できるという、凄く影響を受けた本です。

人生を賭けるべき20%とは何か

3

photo credit: The U.S. Army via photopin cc

告白します。実はこの本を読んですぐは、80対20の法則というものを良く理解していませんでした。本書では、上位20%の仕事に注力すれば収入が倍増するという書かれ方がされていたためです。

私のようなサラリーマンでは、会社から与えられた仕事の上位20%に注力したからと言って、収入が倍増するわけではありません。仕事の質と収入の関係は非常に希薄なのです。特に私の会社はそうでした。

さらに、会社員を辞めて音楽家になるという夢がある私には、会社の業務の一部に全神経を集中させてそれ以外を捨て去ってしまう主張は、つい「お笑いだわ!」と叫んでしまうような内容に思えました。

ですからお恥ずかしいことに、上位20%に注力して収益を倍増させるという80対20の法則は、独立した人間や会社の役員などにあたる上層部の人間にだけ関係のある法則だと考えていました。

それからしばらくしてのことです。80対20の法則が私にとって重要な意味をもつ指標だと気づいたのは。

私にとって重要なのは、業務と収入の関係ではなく、夢と時間の関係だと気づきました。我が愛すべき人生においては、夢実現に貢献する”夢への投資時間”こそ、私が手に入れるべき上位20%だと気づいたのです。

夢や目的、目標に向かって全力疾走できる時間を、生活全体の中から20%確保できるかどうか、この指標がこれからの人生を大きく左右するのだと理解しました。

夢は何だって構いません。サラリーマンこそ、会社勤務の時間とは別にキャリアアップに向けた時間を生活の中に20%作り出せれば、人生を切り拓く武器になる。それが転職に向けてであろうが、昇進に向けてであろうが、です。

20%の時間を捻出しよう

4

photo credit: Quite Adept via photopin cc

生活の中に20%の時間を見出すのはそう簡単なことではありません。決意と覚悟が必要です。しかし普通のサラリーマンが容易に出来ないからこそ価値があるのです。

20%という数字がどういう数字なのかを考えてみましょう。私がどうにか手に入れた20%の内訳です。

ご存知かもしれませんが、1週間は168時間です。お節介かもしれませんが言っておきます。この数字は不変です。

ここから20%を捻出するということは、つまり毎週33.6時間は将来への投資となる活動に注力するということです。

私は毎日以下の時間を捻出できるよう、生活を一から見直しました。

 平日: 4時間
 土日: 7時間
 --------
 合計:34時間

平日は出勤前の朝4時~7時で3時間、帰宅後の1時間で計4時間を捻出しました。

土日は朝から活動し始めれば、昼には7時間に到達できます。

職場環境の違いなどもあるでしょうが、価値の低い行動を徹底的に排除し、怠惰を退けることができれば、決して不可能な数字ではないと考えます。

最初にやること

5

photo credit: kaneda99 via photopin cc

最後に、あなたの生活の切り札となる20%を作りだすため、最初にやるべきことを記しておきましょう。

■1.価値ある行動を見極める

まずはこの最も貴重な20%の時間を費やすべき行動が何なのか、大理石像の如く冷静に見極めましょう。

資格勉強をすべきか、スポーツをすべきか、セミナーに参加すべきか、自分の手で何かを作り上げるべきか

決して妥協してはいけません。ここでハシゴをかけ間違えれば後で面倒なことになります。1つ1つ丁寧に吟味していきましょう。

■2.記録から始める

次に、あなたの生活の中に貴重な20%が宿っているかのチェックが出来るようにしなければなりません。

つまり、毎日の時間の使い方を記録し、上位20%の活動にどれだけ時間を割けたか可視化するのです。

最初は24時間全ての時間を記録するのは困難でしょうから、夢実現に貢献する活動の時間だけでも記録するようにしましょう。

そして、20%が捻出できたなら、次は20%の数字を増やしつつ、中身をより濃密にしていけば良いのです。

貴下の従順なる下僕 松崎より

jMatsuzaki
システム系の専門学校を卒業後、システム屋として6年半の会社員生活を経て独立。ブログを通して、小学生のころからの夢であった音楽家へ至るまでの全プロセスを公開することで、のっぴきならない現実を乗り越えて、諦めきれない夢に向かう生き方を伝えている。2015年からは「jMatsuzaki」名義でのバンド活動を開始。 もっと詳しく知りたい? ⇒ 「jMatsuzakiとは誰か?」

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で