やめることを増やして時間を捻出する11の取り組み!!

2012年01月24日 4 Comments by

禁止

私の愛しいアップルパイへ

「Wow!時間が足りない?!」

マイクテスッマイクテスッ

いいですか?言うまでもなく1日は24時間しかありません。この確然たる事実の前に我々はあまりにも無力です。

「もしかしてあなたなら?」と夜空に輝く星の如くキラキラした目で私の事を見つめたって無駄です。私にも不可能な事があるのです。

しかしご安心下さい。あなたが真に望んでいることを私は知っています。

リッスンッ!!

あなたにとって足りないのは“価値ある行動に割く時間”でしょう。それなら良いアイデアがあります。

“やめること”を増やそう!

価値ある行動を選択するには、価値の低い行動を切り捨てる必要があります(災いなるかな!逆もまた然りなのだ!!)。

もし1日24時間の壁を破って反対側へ突き抜けたいのなら、“やめること”を増やすことです。

“やめる”

これほど貴重で重要な決断が他にあるでしょうか(否、無い!)。

ただし、何をやって何をやめるべきか。これは個人の価値観が強く影響します。一概にあなたが何をやめれば良いとは断定できないものです。

よって今回は、私が今まで「やめる」と決断したものの中から、あなたにも役立ちそうなアイデアを紹介しましょう。

やめることを増やして時間を捻出する11の取り組み!!

それでは”やめること”を増やし、より価値ある行動に費やす時間を捻出する為の、11の取り組みを以下に記します。

1.電車の中で寝ない

電車の移動時間は貴重な1人時間です。読書もできるしノートだって使えます。

この時間を作業時間として活用できれば、一気に価値ある行動に割く時間を増やせるでしょう。これは太陽の光によって明らかなのです。

我が友もそう言っています。

【ぼくらのタイムマネジメントストーリー】第3話 通勤時間は長いほどラッキー!?

また、これを実現するにはまず満員電車に乗らない工夫が必要になるでしょう。

2.食事の準備に時間をかけない

人によるでしょうが、私はさほど食にこだわりがありません。

その為、飛び上がる程美味しいものを準備するより、食材の調達や調理に出来るだけ時間をかけない事を優先しています。

日替わりで弁当を配達してくれるサービスを使ったり、宅配食を利用するのも1つの手です。

自炊もコンビニ弁当も嫌ならコレ!ディナーをアウトソーシングする新たな選択肢 | jMatsuzaki

3.外出の準備に時間をかけない

身だしなみを整えたり、持ち物を準備したり。多くの人にとって外出する際の準備は毎日行う作業となるでしょう。

この準備時間の短縮は、後でジワジワ効いてきます。

4.買い物の回数を増やさない

買い物、特に定期的な買い出しは極力回数を減らす努力をします。

食材だとか、洗剤だとか、石鹸だとかいった生活必需品の買い出しです。

これらについて、私は週に1回以上買い出しに行ったら”負け”という事にしています。

5.移動の為に時間を使わない

以前、私の癖だったのは、散歩を兼ねて気分転換の為に徒歩で移動する事でした。

徒歩に限らず、出来る事が大きく制限されるこの移動時間というのは、積み重なると鼻につくものです。

短くできるなら、回数を減らせるなら、それが一番良いのです。

6.労力に見合わない整理整頓をしない

適度な整理整頓は作業効率的にも精神面的にも大きなメリットがあります。

しかし、あまり時間を使いすぎるのは少し考えものです。

何をどこまで整理するか、どのくらいの頻度で整理するか、基準を決めておく必要があるでしょう。

7.”○○しながら”をやらない

ああ、なんという事でしょう。”○○しながら”だなんて幻想に過ぎません。

・TVを見ながら
・ラジオを聴きながら
・音楽を聴きながら

“○○しながら”は、作業効率を確実に低下させています。

私は随分前にTVは見ない、ラジオも聴かないという決断をしました。”音楽を聴きながら”は使う事がありますが、作業効率の低下を認めているので、休憩時間中か単純作業の時に限定しています。

8.憂さ晴らしで音楽を聴かない

これはついやってしまう悪習の1つです。

学びのある音楽鑑賞もありますが、単なる憂さ晴らしに過ぎない音楽鑑賞もあります。

私は単にアドレナリンを分泌する為だけに音楽を聴く様な状況を、なるべく減らす努力をしています。

特に出勤時間はそうです。ここでは音楽を聴くよりもオーディオブックを聴く方が随分と有意義なのです。

9.行列に並ばない

行列に並ぶ事を極力避けた方が良いのは明らかです。

他の価値ある行動を削ってまで、行列に並んだ先のものに価値があるのか、それも行列に並ぶ事自体に意味があるのか、でなければ「ちぇ、馬鹿にしてやがる」と言ってさっさと諦めてしまいます。

10.外で出来ることを家でやらない

私にとっては家にいる時間が最もパフォーマンスの高い貴重な時間です。

ですから、外でも出来る事を家でやる事は、貴重な時間の無駄使いに繋がります。

iPhoneを使えば出来る事、ノートとペンがあれば出来る事、考えれば出来る事。こういった作業はなるべく家に持ち込まない様、外出中に済ませる努力をします。

例えばRSSのチェック。これはiPhoneを使えば外出先でもかなり快適に出来る作業です。

11.即決を原則とし、選択に迷わない

これは私も苦手な事の1つですが、判断に迷う時間は明らかに減らすべき時間です。

・BGMの選択
・飲み物や間食の選択
・食事のメニュー

特に上記の様な一時的で小さなことにダラダラと時間を使って迷うのは要注意です。

“飲み物は迷ったら水にする”など、即決できる様な基準を事前にいくつも決めておくと良いでしょう。

上記の様な小さな事から、少しずつ即決の基準を作っていければと思っています。ここでのポイントは他人に流されず自分で決める事です。

やめることを増やす為にやるべきこと

一連の”やめること”のアイデアを紹介しましたが、いかがだったでしょうか。

あなたには当てはまらない取り組みもあったかも知れませんが、少しでも気づきがあったなら飛び上がるほど嬉しいです。

最後に1つ助言をしておくなら、あなたが”やめること”を増やす為にはやらなければならない事があります。

それは“やめるべきこと”を思いついたらその場でメモをとる習慣です。そして、定期的にそれらを棚卸しする習慣です。

あなたに1つでも多くの“やめる”という貴重な決断がある事を祈って。

貴下の従順なる下僕 松崎より


▼この記事をシェアする
夢見るリアリストの熱情

About the author

システム系の専門学校を卒業後、システム屋として6年半の会社員生活を経て独立。ブログを通して、小学生のころからの夢であった音楽家へ至るまでの全プロセスを公開することで、のっぴきならない現実を乗り越えて、諦めきれない夢に向かう生き方を伝えている。2015年からは「jMatsuzaki」名義でのバンド活動を開始。 もっと詳しく知りたい? ⇒ 「jMatsuzakiとは誰か?」