タスク管理と意識管理

お久しぶりです。最近、タスク管理とは意識管理であると考えている、ハックの哲学のイド♂(@idomars)でございます!

今回は、そこのところの話をします。

時間管理はタスク管理ではない

みなさん、前々から「なんでコイツは時間管理のことを、『タスク管理』だなんて聞き慣れない言葉で言い表しているのだろう」とお思いだったかと存じます。

その理由のひとつは、時間管理という言葉では、時間という量的側面しか言い表せていないからです。

量と質、2つ揃わなければ何事も最大の効果は発揮されません。タスク管理で言えば、量の部分は「時間」、質の部分は「集中力」や「注意力」になります。

「時間管理」×「集中力・注意力管理」=タスク管理

であり、「時間管理」だけでは片手落ちなのです。

注意=>集中、そして意識

さて、「集中力・注意力管理」と書きましたが、集中と注意には時間的前後関係があります。

どんな時も必ず対象に注意を向けて、その後にその対象に集中することになります。

つまり、注意=>集中の順です。

集中の前に注意があるということは、注意なくして集中なし、注意を制する者は集中を制す、ということです。

そして、注意とは「意」識を「注」ぐこと。

そう、自身の意識を意図的にコントロールできるようになった時、タスク管理は完成されるのです。

意識をつなぎ止める

一口に意識をコントロールするといっても、様々な方法があります。

その中でも重要なのが、「意識をつなぎ止める」ことです。

対象に意識をつなぎ止めることができなければ、集中状態に入ることもできません。

集中のための第一歩が意識をつなぎ止めることなので、まずは「意識をつなぎ止める」方法からご紹介します。

意識をつなぎ止める道具

人間は1日に6万回思考すると言われているように、人間は素の状態だと意識があっちこっちに向いてしまい、意思の力で意識をつなぎ止めるのはとても難しいです。

そこで意識をつなぎ止めるために道具を使います。それはカウントダウンタイマーです。

目に見えない時間を見える化するカウントダウンタイマーは、対象に向けた意識をつなぎ止める最高の道具です。

一つの対象に意識をつなぎ止めたい=集中したい時間をカウントダウンタイマーにセットし、タイマースタートと共に行動を開始するだけで、意識の拡散を抑えられます。

カウントダウンタイマーの効果を発揮するためのワンポイント

カウントダウンタイマーを使う際、気をつけなければならない点が一つだけあります。

それは、「カウントダウンを常時視界に入れること」です。

前述の通り、カウントダウンタイマーの美点は見えない時間を見える化する点です。時間が確実に減っていると認識することにより、意識をつなぎ止める力が働きます。

なので、「カウントダウンタイマーをセットしたが、カウントダウンは目に入らず、いつの間にかカウントダウンが終了していた」という状態では、その時間の間、意識をキチンとつなぎ止められていたか怪しいです。

まとめ

今回から何回かに分けて、タスク管理と意識管理について書いていきます。

次回はわたしが具体的にカウントダウンタイマーをどのように使っているかをご紹介します。

それでは、よいタスク管理を!

お知らせ

四六時中、タスク管理のことしか考えていないわたしがタスク管理に関する無料メルマガを始めています。

全然参考にならないかも知れませんし、とても参考になるかも知れません。タスク管理にご興味があれば、下記ページからご登録頂けたら幸いです。

イド♂
イド♂です。スイスを経てドイツで妻と子どもと生活しています。社会人になってからほぼ1年に一回、転勤や部署異動をしている経験から、多視点からのタスク管理論が持ち味です。ひばち(@Evaccaneer )さんと二人で、タスク管理イベント「TaskFreaks!!」を主宰しています。 テーマ別で下記2つのブログを運営していますが、現在のメインは「TaskArts」。Twitterですべてのブログの更新情報を流しています。 座右の銘 : 「生きるとはタスク管理することである」 BLOG 1:TaskArts BLOG 2:アイドリングタイム Twitter:@idomars

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で